<< 大分では不幸だと思った物語 | top | 丁寧な目的があった和歌山の出会い >>

今回は二度、和歌山で出会いがあった

今回は別の桜「さくら」の話です。
東アジア大戦後の目覚め復活の秘密兵器として開発された「さくら」で、敗北の色が深まっています。

はい、この「さくら」は特別な攻撃武器として発売されまし和歌山で出会いた。
あなたが去ると二度と戻らない一方向の飛行機として。
最初から着陸するための車輪はありません。和歌山で出会い
この航空機には、アメリカ船が日本へ急行するための1.2トンの爆薬が積載されており、人間は目標を達成しようとしました。
現代では "Harpoon"と呼ばれるより強力な対艦ミサイルがあり、それはコンピューターによって操作されていますが、その当時は人間しかない方法がありませんでした。和歌山で出会い

この桜に加えて、特別な攻撃のためのプロペラ機、モーターボート、潜水艦などの爆発物を積んで人間が操縦する武器が作られました。

 

和歌山出会い


どのようにして戦争を失いたいのかに関わらず、あなたは人々を制御装置として捨て去るという考えさえ想像できません。
ヨーロッパ人とアメリカ人も勇敢に決心して、「生きて戻ってこないかもしれない」と勇敢に戦いました。

しかし、当初からタヒではなかったという前提では、(申請者がケンであったとしても)多くの若者がタヒになることを余儀なくされたのは日本だけではなかったかもしれません。和歌山で出会い
1949年8月15日に敗北が敗れた昭和天皇のオナム放送を聞いた後、海軍の首席であったウガキ司令官は11人の部下と特別攻撃を行った。
他にも多くの特別な攻撃を命じた上司がいましたが、私は多くの人々が戦後も生き残ったと聞きました。

来世の来世における当時の考え方を批判するのは簡単ですが、なぜそうなのでしょうか。最も重要なことは慎重に考え、二度とあなたの過ちを繰り返さないことです。和歌山で出会い
そのためには、悲惨な結果から目をそらすのではなく、しっかりと受け入れて分析することが重要です。
すべての戦いでようやく5,850人が死亡しました。
あなたがそれを好きであろうとなかろうと、それは現代の日本がこれを犠牲にしているという事実であり、それは決して私たちにとって無関係ではありません。

「さくら」は非常に悲しい目的のために生まれましたが、その目的に特化したため、ある意味で非常に単純で機能的な美しさを持つ飛行機になりました。和歌山で出会い

oita6542 | 和歌山 | 13:34 | comments(0) | - |
Comment










09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--